男性がシミをレーザーで取るには?

男性の医者

 

職場での見た目を気にしたり、女性からの指摘で気にするようになって、
シミをレーザーで消したいという男性は増えています。

 

でも本当に安全なのか?失敗はないのか?痛くないのか?
メリットやデメリットはどういったものか?
費用はどれだけかかるのか?どういう流れで施術するのか?

 

いろいろな疑問があると思います!

 

そこで、シミ取りレーザーで有名なシロノクリニックを
代表例としてチェックしてみました。

 

男性がシミを取るレーザーするときの費用はいくら?

 

レーザーの費用については、男女の差はなく
シミの原因や範囲を見て、どのレーザーマシンを使うか、
どの部分に当てるか、何回当てるか、などによって変化します。

 

個人個人ちがい、はっきりとした費用の額はカウンセリングを
受けないと分からないのですが、シロノクリニックで一番人気が高い
シミレーザー「フォトシルクプラス」の治療費は、以下となっています。

 

(最新の料金は変更がある場合がありますので、最新情報は公式サイトを確認してください。)

 

治療費一覧
頬+鼻1回 ⇒ 40,000円 、3回コース108,000円 、5回コース160,000円
顔全体1回 ⇒ 60,000円 、3回コース162,000円 、5回コース 240,000円
首1回 ⇒ 40,000円 、3回コース 108,000円 、5回コース 160,000円
頬+鼻+首1回 ⇒ 60,000円 、3回コース 162,000円 、5回コース 240,000円
顔全体+首1回 ⇒ 80,000円 、 3回コース 216,000円 、5回コース 320,000円
両手ひじ上 ※11回 ⇒ 60,000円 、3回コース 162,000円 、5回コース 240,000円
両手ひじ下 ※21回 ⇒ 60,000円 、3回コース 162,000円 、5回コース 240,000円
両手の甲 ※31回 ⇒ 40,000円 、3回コース 108,000円 、5回コース 160,000円
※1〜3のセット1回 ⇒ 120,000円 、3回コース 324,000円 、5回コース 480,000円
背中1/21回 ⇒ 90,000円 、3回コース 243,000円 、5回コース 360,000円
背中1/41回 ⇒ 60,000円 、3回コース 162,000円 、5回コース 240,000円
1照射1回 ⇒ 2,500円
※ 3・5回コースのご利用期間は1年間となります。

 

フォトシルクプラスの場合、痛くはないのか?

 

個人差がありますが、痛みはあります。そのため、塗る麻酔や鎮痛剤、
冷却法による痛みの軽減などがあり、苦痛をほとんど軽減するような工夫がされています。

 

そのおかげで、ほとんど痛くなかったという意見もありますし、
輪ゴムをビシッと当てられたような痛みだという意見がわかれています。

 

あまりにも痛みがガマンできない場合は、レーザーの照射レベルを
下げてもらえるので、遠慮なく伝えましょう。

 

フォトシルクプラスのメリットとデメリットを把握してみよう。

 

フォトシルクプラスでシミ取りをするメリット

 

  • 寝ているだけでシミケアができる!
  • 毛穴の開きが良くなる。
  • ニキビ跡の色素沈着が良くなる。
  • 顔のくすみが明るくなる。
  • 以前より若く見られるようになる。

 

フォトシルクプラスでシミ取りをするデメリット

 

  • お金がたくさんかかる。
  • レーザー後、かさぶたが剥がれるまでは人目が気になるかも。
  • 今までの美白ケア行為がムダに思えて思い出すとちょっとつらい。
  • 簡単にシミが消えるので、楽しているように感じる。
  • はじめて申し込みをするとき、不安でいっぱい。

 

シミ取りレーザーの失敗ってあるの?

 

  • レーザーのあと、同じ場所にシミができる可能性がある。
  • しかも、さらに大きくて濃いシミができることも多い。

 

これは、レーザー手術後、紫外線対策をサボった場合に多く出てくるケースです。

 

レーザーを受けた後の皮膚は一時的に
軽いやけどを受けた後のようになっていますので、
クリニックから処方された塗り薬や内服薬を飲んだり、
言われた通りの紫外線対策をしないと、シミが再発してしまう恐れがあるのです。

 

そして、決められた塗り薬や内服期間が終了したとしても、
日常的な紫外線対策や美白ケアをサボってしまうと、
またシミができるのは当たり前でしょう。

 

レーザーでシミを消したから、もう一生出ないとは限らないのです。
フォトプラスシルクはシミの予備軍を消すという効果もありますが、
美白ケアをサボれば、新たなシミ予備軍が作られるのも無理はありません。

 

そして、レーザーは濃いシミには効果的だが、薄いシミは消えないことがあり
レーザーを当てたこと自体が無駄になってしまうことがあります。

 

レーザーが効く、効かないの判断は、事前のカウンセリングや検査などで
だいたいは把握できるのですが、実際に当ててみないと
どういう結果がでるのか分からないシミもあります。

 

いくらレーザーでも、完璧なものではないことを、事前に理解しておきましょう。

 

レーザーでシミ取りをする主な流れ

 

マシンの種類やシミの原因によっても、結果や副作用がちがいますが、
ここではシロノクリニックで代表的な「フォトシルクプラス」の流れを説明しましょう。

 

 

クリニックの予約をし、カウンセリングを受ける。

 

まずは、カウンセリングを行います。
そこで、気になるシミの原因をチェックしてくれます。

 

原因によっては、フォトシルクプラスではなく
別のマシンになる可能性や内服薬処方だけの場合も。

 

どのくらいの照射レベルが良いのか、個人的にプランを作っていただけます。

 

カウンセリングを受けたからといって、
必ずしもレーザーを受けなければいけないとは限りません。

 

費用的に見合わせたり、こわくなったのでやめておく、
という結論を出しても大丈夫です。

 

いったん家に帰ってから、他のクリニックと比較したりして、
冷静になってから最終的な決断をすると失敗が少なくなります。

 

治療の日が決まったら、事前に洗顔とカウンセリングを行う。

 

治療の当日も、カウンセリングを行って、現在の肌の状態を再確認します。
初回のカウンセリングと変化している場合もあるので。

 

そして、顔の汚れを落とすために洗顔をします。
(男性の場合、洗顔がない場合もあります)

 

レーザーを当てる部分に冷却ジェルを塗る。

 

痛みを軽くするために冷却ジェルをかなりつけます。

 

目にはカバーをつけて、レーザーの強い光から守ります。

 

フォトフェイシャルの光を当てる。

 

バチッと大きな音がでて、シミの箇所にフォトフェイシャルを当てていきます。
人によってちがいますが、1回につきだいたい10〜15分です。

 

5.翌日〜数日後にシミの部分がカサブタになって、肌の表面に出てきます。

 

カサブタは自然にはがれ落ちていくので、さわらないでそのままにしておきます。

 

カサブタがはがれたあとは、シミのない、もしくは薄くなった綺麗な素肌がでてきます。

 

治療後に、塗り薬が処方されますが、忘れずにつけるようにしましょう。
治療中は、日焼け止めも毎日かかさずつけるようにしましょう。

 

シミ取りレーザーは、エステとクリニック(医療機関)どっちが良い?

 

エステよりクリニック(医療機関)で行ったほうが良いです。

 

最低3か所に行って、カウンセリングを受けましょう。
ここで面倒くさがっては、今後ヤバイですよ。

 

自分の満足する結果が得られなかったり、
肌に後遺症が残ったりするなど、最終的には自己責任の世界なので。

 

自分がちゃんと、ここなら信頼できる!というクリニックを
選ぶのが重要です。料金やマシンの種類だけでは決めないほうがいいです。

 

シロノクリニックでカウンセリングを受けるもいいですが、
あと2か所も受けるようにしたらいいですよ。

 

※シロノクリニックの場所は現在、恵比須、横浜、銀座、池袋、大阪の5か所となっています。

 

最新シミ対策のコスメ&美白薬は試してみたのか?

 

最近の美白成分の研究と効果はめざましく、
レーザーをしなくてもコスメと飲み薬(サプリ)だけで、
シミが薄くなって行かなくても良くなったという意見も多くなっています。

 

すでに美白コスメや飲み薬は試し終わって、シミが消えなかったから
レーザーにしたんだ!という意見も聞きますが、

 

その美白コスメは、どのような美白成分が入っていたのか言えますか?

 

あと、説明書きに、「今あるシミが消える」とちゃんと明言されていましたか?

 

この2点をちゃんと把握できてたかどうかは重要です。

 

本当に効果のある美白成分入りの化粧品&美白の飲み薬という
合わせ技を試してもダメなら、最後の手段として行うのが良いでしょう。

 

効果を実感できる美白コスメのことを知りたいのでしたら、
下記のページを見てください。

男性におすすめシミ取り美白クリームはこちら

男性におすすめシミに効く飲み薬(サプリ)はこちら